ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

春になると野鳥の繁殖の季節になります。初夏には、雛を連れた野鳥の家族を見ることができます。これからの季節、野鳥観察には楽しい季節です。そこで今回は、私なりの野鳥の見つけ方見分け方を書きます。観察場所…茨城県北部ピノ子の庭 野鳥の見つけ方見分け方【夏の鳥編 ...

春は名のみの風の寒さや~・・・この時期庭に出てちょっと風に吹かれただけで微熱が出る私、咲いた花に誘われてつい庭に出てしまいました。綺麗に咲いた春の花が私を迎えてくれます。今日の写真です。ヒマラヤユキノシタ、まだ咲いています。夕日に映えて綺麗です。花のアッ ...

昨日は霙混じりの冷たい雨が降りました。手がかじかむ寒さです。暖冬で、手がかじかむのはこれで4度目と、覚えるくらい暖かい冬でした。毎年きれいに咲いていたクレマチスですが、今年は上部に枯れたツルが目立ちます。大きな白い花はダイナミックで美しい、でも名前が分から ...

3月だというのに気温が17℃と、ガラス戸を閉めた部屋はとても暖かいです。しかし、風はほんの少し肌に冷たく感じます。今日の庭、2020年3月13日。我が家の台所の換気扇が壊れたので、3月4日取替工事を行いました。壊れてから工事が行われるまでの10日間は、ガスを使う時窓を ...

私たちの暮らしのすぐそばで、美しい黒い衣装をまとったアヤツはカラス。カラスは、庭に来る野鳥というべきか、柿の実が熟れると誰より先に見つけて食べてしまう、困った隣人です。そのカラス、よく見ると、色々な鳴き声を発して会話をしているように見えます。賢くて獰猛な ...

昨年8月より右肩を痛め、所謂、「五十肩」で、夜も眠れないくらい痛くて、悪いことに、12月下旬にはひどいめまいもあり、それは一ヶ月も続いて、「やる気なくすわぁぁ、、、」と文句を垂れ流しながら過ごしておりました。5年がかりでやっと左肩が治ったというのに……ヒマラ ...

暖冬ですが、時々、今更のように冷え込みが厳しいので、暖冬に慣れた植物も痛んでいます。そんな中、キッチンガーデンの野菜たちは元気モリモリ。3月になり、ますます葉が茂り、その瑞々しい葉を見ているだけで元気をもらいます。栽培場所…茨城県北部栽培場所の気候…ー5℃ ...

壁面をダイナミックに飾りたい、そんな時につる性植物が重宝します。ツル性植物の代表と言えばツルバラと言うのは私の意見ですが、ツル性植物にはいろいろあり、組み合わせることによってロマンチックなガーデンができます。また1種類だけを使って野趣あふれるカーデンを作る ...

私が育てたなかで、とても丈夫な美しい花の咲く鉢植物を紹介します。庭植えにできない寒さに弱いものばかりですが、温室もいらない、特別な装置も難しい技術もなしで楽しめる鉢花です。1、ゼラニウム丈夫な鉢花と言えば、もちろんゼラニウムです。奄美の実家のある島では、野 ...

私の庭は、こじんまりとした庭です。コニファーを植えたら、根が庭中に広がってしまうくらいの庭です。広く見えるように撮った、縦3.5メートル、横12.7メートルくらいの庭です。そんなに広くないうちの庭で、植えた植物が急激に大きくなったり、爆発的に増えたら、とても手入 ...

3月になると気温も上昇し種まきにいい季節になります。種まきは難しいと思っている方に、蒔きやすく育て易い、おすすめの春蒔一年草を紹介します。春に蒔くと、早いものでは5月ごろから咲き10月頃まで花が咲いています。栽培場所…茨城県北部栽培場所の気温…-5°C〜+34°C ...

いつも私の布団で一緒に寝ているソラが、自分のベッドで一晩中寝がえりも打たずに静かにしていました。私のコートを掛け布団代わりにして寝るソラ。微動だにしません。いつもなら寝言がうるさいのに。トイレにも行っていません。息をしているのか心配になり時々様子を見に行 ...

毎年全部の胡蝶蘭を同時期に咲かせるために、長く伸びた花茎があちこちに引っかかり、鉢の落下、花茎を粉砕するなど、悲しい事故がたびたび起きて置き場に困っていました。そこで今年は、2月に小型の品種を先に咲かせることにしました。小型の品種だけ10月に出ている花芽を折 ...

とうとう2月と相成りまして、春の花もちらほら見え始めました。夏に綺麗な花を咲かせてくれる、世界に誇れる日本の美しいユリ、カノコユリ。何年も植え替えをしていなかったユリ。最近花が少ないので、石灰で中和して、肥料を施そうと掘り返してみました。 2019年8月の花。 ...

気温0度くらいまでなら絶え間なく花を咲かせる品種が庭でできました。このゼラニウムを増やして今年の夏は最強の花壇を作りをしたいと思いつつ、肩の痛みが取れないまま1月も下旬となりました。今夜遅くから雪の予報、急激な温度変化でゼラニウムを枯らしてしまう前に挿木を ...

便秘解消のための繊維質の多い処方食を始めて1年経った昨年11月30日、ソラの体重は、1キロ減って7.3キロから6.3キロになりました。ダイエット成功です!獣医さんは5キロ台まで落とすようにおっしゃいましたが、ボチボチやりましょう。お通じも毎日快調です。便秘だからと諦め ...

野鳥撮影に挑戦しています。前回Avモード(絞り数値を決めてとる)で写真を撮ったとき、鳥の写真の限界を感じました。それで、あまり期待せず、とりあえず撮ってみようと、野鳥が来るのを待っていました。野鳥は、警戒心が強く、さらに、今シーズンは特に冬鳥のやってくる季節 ...

3月になると店頭に並べられる野菜苗の中にワケギの球根があります。とても丈夫で、その球根は分球して年々数を増やしていきます。 3月に買った球根は5月過ぎまで収穫した後、堀りあげて涼しい場所に保管しておき、秋にまた畑に植えると、冬の間ずっと収穫をすることができま ...

肩が痛くて更新していなかったブログです。iPadを手にして音声入力と、左の人差し指だけでサクサク書けます。なんて素晴らしいんでしょう。 遅咲きの菊と万両。万両は、冬の野鳥たちの大事な食料となります。今シーズンの冬は暖かくて、遅くまで咲いているバラや、ゼラニウ ...

私も還暦でございます。家族に欲しいものは?と訊ねられ、タブレットを所望。私は一年のうちのほとんどを休養しています。楽しいことを見つけるのは得意だけど、ペンフレンドたちに手紙を書けないのは辛いです。それで、布団の脇に置いて、音声で手紙を書いたりできるタブレ ...

利き腕が痛いのでイラストが描けない、そこで最も簡単な方法で年賀状を作成することしました。イラストの代わりに卵の殻でネズミを作って、2020年子年の年賀状にします。卵の殻を使った干支のネズミは、卵の殻を乾かす時間が約一週間、その間に座布団作ったり耳を作ったりし ...

G7XMarkⅡは、風景が綺麗に撮れるというので、買う時の決め手になりました。近景も花も蝶もとてもきれいに撮れます。景色はどうなんでしょうか、自然豊かな茨城県北部の風景を、ほんのわずかですが撮りました。茨城県北部の風景をG7X MarkⅡで撮るカメラの性能を十分に引き出 ...

マイカメラで鳥を撮るのが夢でした。G7XMarkⅡでは、どんなふうに撮れるでしょうか、ワクワクしながら鳥の無き声を聞く度、カメラを持ってダッシュ!!茨城県北部で見る秋の野鳥をPowerShot G7X MarkⅡで撮る冬鳥の渡りの季節になり、団地でもたくさんの鳥たちの鳴き声を聞く ...

秋はカマキリの産卵の季節です。庭で大きなおなかをしたカマキリを見ます。前羽に白い班のあるものがハラビロカマキリの特徴。なんといっても腹が幅広である・・・が、他のカマキリと比べてみてみないと腹が幅広であるかどうかわかりませんが・・・カマキリの後ろ姿。「見な ...

10月4日、2012年から使っていた洗濯機が激しい音と共にぱたりと止まってしまいました。そこで、洗濯機を買うことに・・・10月5日にヤマダ電機で買ったビートウォッシュ日立全自動洗濯機【BW-V90E】photo by yukey幅60.8cm、奥行60cm、高さ103cm布乾燥状態での洗濯容量9キロふ ...

自然災害が怖いのは人間だけではありません。ペットもまた不気味な自然現象に恐れおののいています。動物全般、自然現象の変化に敏感で、地震の前や、台風の前はソワソワして落ち着きません。雨の中、真白なアイスバーグが一輪咲いていました。支柱を立て、きつめにしばりま ...

アカボシゴマダラという蝶をご存じでしょうか。とても美しい蝶で、私の庭では2年前から見るようになりました。観察場所・・・茨城県北部気候・・・温暖で気温-5℃から34℃。羽の特徴は、白地に黒の筋、後ろ羽に赤い模様があります。蝶の大きさは、片方の羽が4cmから5cm、ツ ...

2019年9月21日、庭で一心にスミレを食んでいたツマグロ坊やがとうとう羽化しました。美しい羽です。無傷です。こんなにきれいな羽根はめったに見られません。ツマグロヒョウモンは多化性と図鑑に書いてありました。越冬は幼齢中ですると書いてあります。ツマグロヒョウモンの ...

バラのペーパーフラワーを作った後に、更に何か作れないものかと、スイートピー、カーネーション、雛菊など色々挑戦してみました。その中でカーネーションはよくできたので、さらに改良を重ねて見栄えよく作りました。ちょっと手間のかかる作品ですが、丁寧に作るとかなりい ...

台風は、茨城県北部は暴風域に留まり、市内の多くが停電になったけれど、幸いなことにすぐに復旧しまた。洗濯疲れと猛暑の疲れで思うようにいきませんが、庭には雑草の中にも心を和ませてくれる花があります。自分専用のカメラで、カメラの機能を探りつつジタバタしながら楽 ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ