ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

さむい・・・なのにお気に入りの帽子を無くしてしまった・・・というわけで、簡単に編めて、ちょっとこじゃれた編み込み模様の帽子を作ることにしました。木枯らしの吹くとき手作りの帽子でお出かけ・・・なんて素敵ですよね。模様が沢山あって難しそうですが、実は全部メリ ...

師走でございます。今年も年賀状を描く季節になりました。毎年ながら、干支の動物の描き方には四苦八苦しています。私は、病弱で外出もあまりしません。友人知人との交流もあまりできないので、年賀状はなるべく手描きにし、2018年はどのように過ごしたか、2019年はどういう ...

昨日紅葉狩りに行きました。とてもきれいでした。写真をたくさん撮りましたのでご覧ください。▼カメラソニー SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS シルバー ILCE-6000L Sposted with カエレバ ソニー(SONY) Amazonで調べる ...

編み物をする時、目数段数計算のためにゲージを作りますが、私はそれがとても面倒でたまりません。毛糸の帯についている目安となるゲージは、編む力加減によっても模様によっても違うので、やっぱり最初はゲージを作らなければなりません。そんな面倒な手間を省けたらと考え ...

秋は日に日に深まり、庭の柿の木も赤く色づきました。夕日に照らされた梢が影を強くします。ウグイスが藪の中を、ジッ、ジッ、ジッと鳴き、遠ざかります。その景色の中に身を置くと、なにか遥か昔に大切な忘れ物をしてしまったような、もう取り返せない所に大切な物を置き忘 ...

我が家の愛猫ソラは10歳と10カ月です。交通事故の後遺症の残る体で胃がいびつになっているソラ、最近は足腰も痛みが出てきたようで、運動もあまりできなくなりました。一日の大半をベッドで過ごすソラそのソラがまた便秘がひどくなり、伏せっていることが多くなりました。暑 ...

9月28日にはモズの鳴き声を聞きました。10月19日にはジョウビタキの声を聞きました。庭の柿はまだ青いけど、秋が来たことを教えてくれます。季節の変わり目は体の調子も変化が大きく対応に大わらわですが、家の中から花や鳥を写真で記録しました。どれも素敵な写真ばかりで選 ...

今年は庭の畑にさつまいも「紅あずま」を植えました。さつまいもは植えつけてから120日くらいが収穫の目安だそうで、私の地域では11月下旬になると頻繁に霜注意報が出されます。霜に当たると芋が腐りやすくなるそうなので、逆算して植えます。サツマイモ栽培記録4月28日、苗 ...

バラを育てている方は、チュウレンジバチの名前を聞いただけで、その姿や被害など、すぐに頭に浮かぶのではないでしょうか。食欲旺盛の幼虫から、バラの葉をかじられて困ることはもう書かなくても周知のことと思います。せっかく選びに選び抜いて病害虫に強いバラを植えても ...

この記事では、ユリの増やし方と病害虫対策についてもっと詳しく書きます。植え替え時の古い土の扱いにも触れました。2014年8月8日の庭。暑い日差しの中でもたおやかに咲くカノコユリ。花持ちよく、長い間庭を飾ってくれます。暑さに強い姫ヒマワリや百日草との相性も抜群で ...

台風が本州に上陸しても勢力は衰えず、960hp、風速40mと表示されていて、茨城県北部でも、風速20mくらいありました。沖縄や奄美での数値ではないだろうかと見まごうほどの強い勢力。驚きと恐れと、轟音で、昨夜はよく眠れませんでした。台風の前は庭の花を集めてアレンジ。普 ...

10月11月は、ユリを植え付ける最適期、園芸店の店頭にもたくさんの球根が並びます。ユリはもともと日本に自生していた植物、コツさえつかめば誰でも香り高い豪華な花を楽しむことが出来ます。私が育てたユリを例に挙げて、特徴や育て方などを書きます。鉄砲ユリ。ユリ(秋植え ...

今朝は冷蔵庫の中にいるような感じでした。蘭たちは大丈夫だろうか、予報では最低気温16℃、夜通し雨。実際は、最低気温13.6℃、しかも冷たい北東からの風が強く吹き付けています。Cyber-shot WX70昼になっても18.5℃までしか気温が上がらず、胡蝶蘭を玄関に移動することに ...

カマキリは庭にいて私の花たちを害虫から守っています。・・・なんてね、そんなわけではありませんが、カマキリがいることにより、庭で害虫たちが自由気ままに植物を食害してしまうことを防いでくれます。いわば、ガーデニングの助っ人です。助っ人としてみたときのカマキリ ...

朝から愛猫ソラが水をがぶ飲みして吐いたので、座布団やこたつの敷物やら汚してしまいました。洗濯が山のよう。そうでなくても季節の変わり目は洗濯物がいっぱいなのだから・・・ソラには罪はないけど、忙しい時は少しでも仕事が少ない方がいい。と、言いつつ・・・朝からイ ...

イラガの他にも恐ろしい毛虫はまだいます。その中にチャドクガというのがいて、その棘に刺されるとかぶれ、ひどい時には病院で手当てしなければならないほど。そんな恐ろしい毛虫の早期発見について書きます。観察場所・・・茨城県北部気温と気候・・・-7℃~35℃(2018年)。 ...

イラガは触れるととても痛い、刺された所を触るとまるでやけどをしたような痛みで、それが3日間続く・・ こんなひどい毛ムシが庭に発生したらたまりません。毛虫ですから植物を食害します。植物を守り、自分も刺されないようにするために、早期発見駆除に努めます。観察場所 ...

雷を撮るのが好きです。だからと言って雷が怖くないわけではありません。もし外で雷鳴を聞くと、傘を畳み身を縮めて急いで車か、建物の中に逃げ込みます。安全な家の中にいるからこそ、カメラを手にして外を見ることが出来ます。しかし、いつでも雷を撮れるわけではありませ ...

「蝶が庭に来るのは何故か花だけじゃない植物との関係」の中で蝶の食草や、好きな花の蜜を書きました。今回は、前回写真が無かったものの写真や、良く撮れた写真などをアップします。また、前回書いた蝶に関しても、他の蝶との対比のために写真をアップしてあります。見比べ ...

今年は30度を超える厳しい暑さが長く続いています。洗濯物は日差しを避け夜干すようにしています。雨が少ないので、翌昼過ぎにはいい具合に乾いています。ほんの少し、夕立が欲しいですが、ここ茨城県北部の私の住む地区は、蒸し暑いばかりです。さて、今回ご紹介するのは、 ...

今年は大型で強い台風が断続的に発生し、列島に脅威をもたらしています。台風12号のように小笠原の南の海上でできた台風が西へ進んだのを見たのは、50年の記憶の中では初めてです。13号は関東直撃の予報です。予報通り進めば茨城を縦断することになりそうです。ツクツクボウ ...

私の「便利な袋物」を紹介します。冬、外出時に使い捨てカイロをポケットに入れていますが、手が乾燥していてよく落とします。さすがに泥にまみれたものはポケットに戻したくありません。それで、乾燥肌の私でも落としにくいように、穴の開いた靴下でポーチを作りました。「 ...

猫や犬は一様に「記憶がない、特に猫は人の言うことを聞かない」みたいに言われていましたが、本当にそうでしょうか。私は何匹か猫を飼った経験がありますが、それぞれ性格が違うし、思いやりもあると思います。ずるいことも考えたり、反省したり、嫌な記憶はいつまでも持っ ...

バラの2番目花が花盛りと言いたいところですが、咲いたそばから散ります。昨日は、今年初の30℃越えです。今日も30℃越え、恐ろしく蒸します。5月までに大繁殖していたヨトウムシはいったん羽化し、ゼラニウムやムシトリナデシコなどの花がまともに咲いています。代わって食 ...

榊と言えば神事に使われる木です。冬でも常緑で濃い緑の葉を茂らせている丈夫な木。サカキは地味で芸が無いと思っていたのですが、意外と魅力いっぱいです。サカキ(榊)2018年6月10日サカキの花植物名;椿科、サカキ。こちらはホンサカキ(本榊)と呼ばれるものです。樹高;10メー ...

6月6日、梅雨に入りました。梅雨らしく梅雨寒です。紫陽花の花が良く似合います。Cyber-shot WX70額紫陽花墨田の花火、我が家では不定期に秋まで花を咲かせます。7月中頃までに剪定をすると揃って花を咲かせます。Cyber-shot WX70手毬型の紫陽花。澄んだピンク色でしたが、酸 ...

今日6月6日梅雨入りが発表されました。朝から降ったりやんだりで湿度も高いです。気温が15℃から23℃くらいの時期は、挿し木にもってこいの季節。5月6月は気温もそう高くなく、植物が乾き過ぎない湿度もあり、気に入った植物を増やしたい、または、株が老化したために更新を ...

5月はゼラニウムの記事を書き直していました。書き直した記事は3記事。2016年に記事を書いたころは、ゼラニウムの鉢の数も少なく、何もしなくてもよく咲いていたので、随分スカスカな記事でした。それで別のところに記事を書いて、新しい記事をそのまま以前のページに、コピ ...

ランは温室が無いと育てられないとずっと思っていました。20年くらい前に、花が終わった贈答用の胡蝶蘭をいただいて、育てた胡蝶蘭に花が咲いた時に、手入れさえすれば花が咲くんだと知りました。最初の蘭を咲かせたことにより、その後、贈答用の花が終わると私の所へやって ...

ローズマリーで香り付けした油で炒めた厚めに切ったジャガイモや、鶏むね肉をローズマリーで香り付けして蒸したものなどはとてもおいしいですが、家族はあまり好きではありません。料理のために買ったローズマリーは、今は香りの木として庭にあります。料理の研究はすぐにや ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ