ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

6月、梅雨の真っただ中、雨に濡れた雀の子が、居間のすぐ前の犬走に立っていました。体は小刻みに震え、目を閉じ、寒さに耐えているように見えました。その小さな子雀のすぐそばに、一回り大きい雀の子が寄り添うように立っていました。兄弟のようです。二羽の親鳥が餌を運 ...

20年ほど前、新しい家に越してきて、ずっと憧れていた庭のある暮らしができるようになりました。そして、少しずつ植物の数も増えていきました。特に好きなバラは毎年増えていきました。冬の剪定で出た枝も挿し木をして増やしたり、友達とバラの挿し木苗を交換したりしました ...

台風が5号が接近しています。朝からうなりをあげ、たたきつけるように風が吹いています。風の抵抗をなるべく減らすため、トマトやピーマンを多少時期が早いですが収穫し、支柱にまとめて結わえておきました。カノコ百合も支柱に2本まとめて結わえました。予報によると風速11 ...

八月に入り、うだるような暑さが続いています。植物はこの日差しさえ太陽の恵みと喜んでいるように見えます。厳しい日差しにも負けず美しい大輪の花を咲かせているのは、日本原産のカノコユリです。一輪、一輪の花持ちがよく、長い間、庭を彩ります。写真は8月5日Sony Cyber ...

初夏の庭の花を紹介します。西側の庭の入り口にに作ったパーゴラにはツルカクテルとハゴロモジャスミンを絡ませました。少し離れたところにクレマチスを植えたら、良く育ちユスラウメを覆う勢いです。バラカクテルが咲くころクレマチスも咲きます。花が咲きすぎてうっそうと ...

イングリッシュローズは庭の雰囲気を一新しました。丈夫でたくさん花が咲いて、香りも良くて、欲をいえば、もう少し花持ちが良ければな・・・と。しかし、散っても散ってもまた蕾が上がってすぐに咲きました。絶えず咲くバラに魅せられ、毎年、自分へのご褒美と称し一株二株 ...

ピノ子略歴18歳まで亜熱帯の小さな島で、ガジュマルの木の上で遊び、浜で湯あみをし、おやつはパパイヤとバンジュウロウ(グワバの一種)、桑の実に野イチゴ、山ぶどう、冬にはたくさんのサトウキビで育ちました。庭にバナナもありましたが、売り物だったので食べません。高校 ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ