私の英語の学習法のひとつに「音楽を聴く」があります
私は机に向かう勉強はとても苦手です。虚弱な体も手伝い、ますますテキストを見ながらの勉強が出来なくなりました。そんな私の学習法のひとつに「音楽を聴く」があります。
文字を見ながら発音を繰り返していると、いつの間にか自分の発音しやすい音に置き換えてしまっていたり、また、カタカナ発音しているとスペルミスもいつまでも直りません。
好きな曲なら、覚えたくて何度も何度も聴きます。文字からではなく耳から覚えると、自然と発音も良くなるような感じがします。発音が良くなると、スペルミスも減って、更には、うろ覚えでも発音を頼りに単語をつづると、意外とスペルが合っていたりします。

使い方の反復練習

それから、気になるフレーズは、すぐに英会話講師の次男に使い方など聞きます。メモした物は手の届くところにおいて、例えばこんな時に使えるかなぁ・・・と考えながら見ています。一度にたくさん覚えられないから、一つのフレーズを覚えるまで使います。
筆箱とメモCyber-shot WX70
ティシューのべりべりの部分が手近にあったのでそれに書きました。いつもペンケースにメモを入れています。手作りのペンケースはなんでも入ります。

音楽を聴いていると色々な表現に出会います。手紙でぜひ使ってみたい、もう少し気持ちのこもった言い方は無いものだろうかという視点で聞くと、またいろんな発見があります。最近私が「ほぉ~!!」と感動したワードがあります。それは、mustという単語です。

「must」ってなにもの?
中学の時に「must」と「have to」を習いましたが、mustの使う所が分かりませでした。
以前観た映画で、mustを使っているセリフを鮮明に覚えています。それは、バックトゥザフューチャーの第一作で、マーティが友人のドッグが作ったタイムマシーン「デロリアン」に乗って、両親の学生時代までタイムスリップしたときの話です。
マーティが、おじいさんの運転する車にひかれ、母親の家で世話になった時の一コマで、当時テレビが高価だったのを、マーティの家はテレビが二台あると言ったセリフの後、母親の弟が"You must be rich!"と言いました。「和訳・君ってリッチなんだね。」
バックトゥザフューチャー
なるほど、こういう時に使うのか・・・

バック・トゥ・ザ・フューチャー DVD GNBF2601

価格:1,122円
(2017/5/27 17:41時点)
感想(0件)


だからと言ってmustが分かったわけではありません。

そして、最近このmustに再び出会いました。それは、次男が数年前に買ってきたCD(2007年11月発売のウエストライフ「バック・ホーム」)の中に。今まで聴いていたのに、つい最近、この歌が気になりました。
サムシング・ライト(Something Right)という曲のサビで、
"If you want me, I must be doing sothing right."という部分があります。
「和訳・もし君が僕を求めるなら、僕は正しいことをしているに違いない。」

ここに使われているmustは、「~に違いない」という意味で使われています。
これを、I must do something right.と書くと、「私は正しいことをしなければならない。」となります。

こんな風にmustは面白い使い方があるとわかりました。そこで、ぜひこのmustを使ってみたいと思っているところへ、ペンフレンドから手紙が来ました。朝早くからインコの世話をしていると言います。そこで、
You must be busy takeing care of them (birds) from early morning. 「朝早くからインコの世話で忙しいのでしょうね。」
と書きました。

そして、また別のペンフレンドは、友達と会って楽しかったと手紙に書いてありました。それに対して、
You must have had a great time with your friends.「きっと、友達と素晴らしい時間を過ごしたのでしょうね。」と、書きました。
このように、すぐに使ってみることをやっています。
しかし、これがmustの全容ではないことは明らかです。奥が深い代物です。

mustは、強い言い方になる分、I guess~ 「~でしょうね。」I think~「~だと思います。」 より、相手に寄り添った言い方にもなるそうです。事実に基づいたた確信を表す表現で、「~に違いない」という意味なので、多用は禁物とも教わりました。

教えてもらっているときは、理解している気になりますが、実際使うと、間違えていたりします。学び方は人それぞれだと思いますが、私にとって、こういう風に実践することが覚える近道になっているように思います。表現法が一つ増えれば、その分だけ会話(文通)も楽しくなります。

まとめ
ペンフレンドたちとの交流が深まるにつれ、たくさんのことを手紙に書くようになりました。趣味のことや国の歴史文化だけではなく、お互いの悩みや家族のこと友人とのことも話すようになり、もっとたくさんの表現を知りたいと強く思うようになりました。(次男は忙しそうだし・・・)
エスプリモEH30/ET
最近はオンライン英会話スクールがあります。体調に合わせて、受講できるのが魅力です。実際に英語を話したことが無いので、覚えた英語を話してみたいです。このmustも使ってみたいですし・・・。
近いうちぜひオンライン英会話を試してみたいと思っています。上手く意思疎通が可能になったら、ペンフレンドたちとも話してみたいと思っています。ワクワクです。

スポンサーリンク