便秘解消のための繊維質の多い処方食を始めて1年経った昨年11月30日、ソラの体重は、1キロ減って7.3キロから6.3キロになりました。ダイエット成功です!獣医さんは5キロ台まで落とすようにおっしゃいましたが、ボチボチやりましょう。
お通じも毎日快調です。便秘だからと諦めず、獣医さんに相談して良かったです。
なんですか
毎日が快適なソラ、いつも楽しそうです。

20181109処方餌
こちらが、ソラが2018年11月からずっと食べている、処方されている食物繊維たっぷりの便秘解消のための処方食です。ダイエット用ではないため、ソラのように少し太っている猫は、一日60~65グラムを目安に食べるように言われていますが、ソラは、胃がいびつなため45~55グラムしか食べられません。

お眼目真ん丸
暗い所では瞳が真ん丸。

処方食にしてもう一つよかったことは、ソラの大腸がちょっと拡張気味だったのが、元のサイズにもどったことです。大便の形を見ると、ダイエット食を始めたころは、最初が太くて、きばって出していましたが、今は、出る最初から細くなって途切れずに出てきます。大便をするとき苦しそうな表情は無くなりました。
以前は、用足しをした後、時々お尻が汚れていました。それで、付きっ切りで見ていましたが、今は、いつお尻を拭いてもいつも綺麗で安心です。
なんのようだ
以前はお腹の出っ張りが苦しくて、自分で手入れできなかったということもあり、イヤイヤおしりを拭かれていましたが、最近は大便もスッキリできて、自分でもお手入れできるようになりストレスも減っているように見えます。
この辺がかゆいのよ
毛づくろいも楽しそうです。体が痛くないっていいよね。

とにかく、ソラはとても元気です。以前と比べて、腰回りがくっきりとしてよく走るようになりました。便秘改善でこんなに良くなるなんて、ビックリand 最高に嬉しいです。
2019年8月貫禄の姿
2019年8月のソラはまだこんなに貫禄がありました。この時6.8キロくらいにはなっていました。

後ろ姿も細い
今は、6.3キロで、後ろ姿も細く見えます。足取りも軽く、遊びたい時は跳ねるように走っているのが、軽やかで楽しそうです。

とは申しましても、ソラも12歳になりました。大きな変化は、ベランダの手すりに乗りたがらなくなったことです。二階へ行って、外の空気を吸って、しばらくまったりすると、一階に降りてきて、自分のベッドで寝ています。

以前具合が悪いとき、仰向けでただ目を閉じてじっとしていましたが、
寝る
今は横になったり丸くなったりして自由な寝姿で熟睡しています。

冬になると乾燥してきて、鼻の皮膚が薄いソラは、鼻が切れて血が出ます。痛痒いのか、掻くので酷くなります。残念ながらそれは変わりません。湿度が高くなると、鼻の状態も良くなります。

ねむいのぉ~
布団を干すとすぐ乗って来てお昼寝です。
日向でお昼寝
日の当たる場所はソラの特等席。

便秘していたころより外を見たがるようになりました。換気のために窓を開けるとすぐにやって来て長い間外の臭いを嗅いだり様子を窺ったりしています。12月、急に寒さが厳しくなったときに鼻水が凄かったですが、徹底して休んでいる姿を見ました。食事もいつもの3分の2くらいしか食べずに、ただひたすら横になっていました。自己管理がいいのか翌日には改善していました。
うるさいぞ!
ネコパンチするニャム!!
ソラの爪とぎ場
ここがソラのお気に入りの爪とぎ場所。10センチの台の上に杉板を一枚乗せただけ。自分で踏んで押さえて爪を研ぎます。最近はジュータンや座椅子で爪とぎをするので困りますが、腕の筋力が落ちたからではないかと思います。板は力がないとバリバリ壊せないので。

爪を立ててダッシュして家中を走りまわることもするようになりました。すぐにヘトヘトになりますが、ダッシュするなんて、以前には見られないことでした。
その為爪が伸びるとずっこけたり、それに爪が伸びたまま歩き続けると足の関節を痛めてしまうので、定期的に切るようにしています。猫用の爪切りがありますが、我が家では、家族と同じ爪切りでソラの爪も切っています。いつも爪切りをされているせいか、ジタバタすることも無くなりました。

見張り
よく寝れるようになると活動的になります。最近庭に侵入する若い雄猫を激しく威嚇する場面も見られます。

ぼくのまくらです
おいらの枕だニャ!!
最近枕にはまって、枕にして寝るのはもちろんですが、抱えて猫キックをしたりして遊んでいます。
ねこきーーっく
オラオラオラ!!!
わしじゃ
わしじゃ!!
すまきにされる
手に噛みついてきたので毛布を巻いたらそのままでいたので写真を撮りました。こんなこともできるようになったんだと思いました。以前は体に触られる事さえも嫌がっていました。

かくれんぼ
かくれんぼ
かくれんぼ2
かくれんぼ
どんな所にも無理やり体を押し込もうとする強引さも体に痛みがない証拠。

まだくるか
夜中時々こんな風に、私の顔を見ている時があります。殺気を感じて目を覚ましますが、餌が欲しいだけです。無視して寝ようとすると、起きるまで前足で肩をチョイチョイされます。
ごはんください
私が起きると餌の前で待っています。
またある時は、真夜中に布団の中に前足を突っ込んでビシビシと猫パンチします。
「寝させておくれよ~~・・・」と、布団の端を体で押さえて寝ようとすると体の上を行ったり来たり・・・で、朝は10時過ぎまでぐっすり寝ているソラでした。
写真撮ってないでメシ!!
写真を撮っているとずんずん近づいてくるソラ「写真撮ってないでメシくれ、メシ!!」

12歳でもこんなに元気なんだとうれしくなります。こんな毎日にプチ幸せを感じています。今日一日一緒にいられてよかったねと、毎日思います。12歳なんて言わず、この際世界一の長寿を目指そうではないか!

スポンサーリンク