ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

カテゴリ: バラ・庭木

バラが好きで、花が好きで、たくさん庭に植えました。そしてドライフラワーもたくさん作りました。庭に咲いたバラとラベンダーをまとめて。バラのドライフラワーと、散った花びらを乾かして、綺麗な花びらを集めて花の形にまとめました。トウモロコシの皮で編んだ籠にアレン ...

洗剤が変わり、洗濯後の具合悪さが減ったので、今日は久しぶりに庭に出ました。2週間ぶりです。しばらく雨が続いたので、寝室には近づかず、リビングで洗濯の手を休めてついでに体も休ませることが出来ました。庭に出るとついついいろいろやりたくなりますが、今日は、コニフ ...

今年は5月になるや否や、バラの開花をあちこちで聞きます。我が家も、少ないですがバラがわずかに残っていて、5月中旬から咲き出しました。テスオブザダーバービルズ(イングリッシュローズ)バラは一年を通して花を咲かせるための作業が欠かせません。特に暖かくなると施肥水 ...

バラに囲まれて友達と庭でまったりとお茶を楽しむことが夢でしたが、体温調節が上手くいかないので、庭でのお茶は諦めました。ガラスの器に生けた花。バラ・・・チャールズレニーマッキントッシュ、ピエールドゥロンサール、パットオースチン、テスオブザダーバービルズ。そ ...

4月から5月にかけてバラの新苗が出回ります。冬に出回る大苗に対し、新苗は値段も手ごろで買いやすくなっています。新苗は、大抵は蕾が付いていて花を見て買うことが出来ます。苗を選ぶときの注意、新苗と大苗と違い大苗は、ノイバラの台木などに接ぎ木した物を畑で2年間育て ...

20年近く庭を美しく彩ったバラを、今年で抜くことにしました。1月6日に咲いたバラです。左半八重小輪のピンクはラベンダードリーム、八重ピンクはヘリテージ、右パットオースチン、下段アブラハムダービー体調不良により手入れが行き届かなかったことや、コニファーなどの根 ...

バラを育てている方は、チュウレンジバチの名前を聞いただけで、その姿や被害など、すぐに頭に浮かぶのではないでしょうか。食欲旺盛の幼虫から、バラの葉をかじられて困ることはもう書かなくても周知のことと思います。せっかく選びに選び抜いて病害虫に強いバラを植えても ...

バラの2番目花が花盛りと言いたいところですが、咲いたそばから散ります。昨日は、今年初の30℃越えです。今日も30℃越え、恐ろしく蒸します。5月までに大繁殖していたヨトウムシはいったん羽化し、ゼラニウムやムシトリナデシコなどの花がまともに咲いています。代わって食 ...

榊と言えば神事に使われる木です。冬でも常緑で濃い緑の葉を茂らせている丈夫な木。サカキは地味で芸が無いと思っていたのですが、意外と魅力いっぱいです。サカキ(榊)2018年6月10日サカキの花植物名;椿科、サカキ。こちらはホンサカキ(本榊)と呼ばれるものです。樹高;10メー ...

ローズマリーで香り付けした油で炒めた厚めに切ったジャガイモや、鶏むね肉をローズマリーで香り付けして蒸したものなどはとてもおいしいですが、家族はあまり好きではありません。料理のために買ったローズマリーは、今は香りの木として庭にあります。料理の研究はすぐにや ...

4月の下旬、友達の庭のピンクのバラが3輪咲いていました。そのバラを見てバラの季節がやって来るとワクワクしました。本当に久しぶりに、季節の風に、春の匂いに、新緑の美しさにワクワクしました。5月16日バラのアレンジ・花;紫陽花墨田の花火、昼咲月見草、コンスタンスス ...

正月の床の間に飾ってあった千両の実を庭に蒔いたら、春には芽を出し、冬にたくさんの実をつけるようになりました。やがて、お花屋さんで買わなくても庭で取れた実で正月飾りを賄えるようになりました。赤い実はまた、鳥を呼びました。ヒヨドリは千両の実を食べに毎年庭にや ...

初夏の庭の花を紹介します。西側の庭の入り口にに作ったパーゴラにはツルカクテルとハゴロモジャスミンを絡ませました。少し離れたところにクレマチスを植えたら、良く育ちユスラウメを覆う勢いです。バラカクテルが咲くころクレマチスも咲きます。花が咲きすぎてうっそうと ...

イングリッシュローズは庭の雰囲気を一新しました。丈夫でたくさん花が咲いて、香りも良くて、欲をいえば、もう少し花持ちが良ければな・・・と。しかし、散っても散ってもまた蕾が上がってすぐに咲きました。絶えず咲くバラに魅せられ、毎年、自分へのご褒美と称し一株二株 ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ