ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

カテゴリ: 四季の庭便り

家の中では大型の胡蝶蘭が花を咲かせました。白の胡蝶蘭、花が他所を向いています。置き場所があちこちなので、その花の咲きたい時に入る光の方向が違ってしまいました。ミニの胡蝶蘭(葉の小さい胡蝶蘭たち)と咲く時期をずらしたら、手入れが楽でした。庭は、バラの一番花が ...

今日は雨の予報、風も強いのでせっかく咲いたバラが傷んでしまいます。庭を一回りしてみます。昨年、水切れのため枯れそうになったヒューケラを慌てて植えた鉢。今年は綺麗に葉を展開しています。とてもうれしいです。3月に雪が降り、オリズルランの葉が傷んだのでだいぶむし ...

昨日は28度まで気温が上がり、ばててしまいました。今日は21度で快適なガーデニング日和でございます。早速庭に降りて草花の点検です。今年2番目に咲いたバラアブラハムダービーです。肩が痛くて、手が届かなかったので剪定していなかった枝先に大きな花を一つ、たった一つだ ...

一昨日の夕方、台所の野菜くずを庭に埋めた後、バラの鉢に芽を出したカタバミを抜こうとしゃがみました。鉢の中のカタバミを見て、「生まれて一度も四つ葉のクローバーなんて見たこと無い。幸せは自分で見つけるものでクローバーを見つけたからって幸せが来るわけではない。 ...

一昨日は一日中暴風雨で、次の日は、壊れた屋根を修理するトントンの音が、また、木の枝をバリバリ切り落とす音が、家の四方から聞こえてきました。今頃剪定ですかと思いましたが、私の家の庭も伸びすぎたコニファーを順次切っているところ。狭い庭での植木の管理は大変です ...

春になると静かだった庭の景色が一変し、一面緑になります。雑草です。厄介な雑草私が最も厄介だと思う雑草は、ドクダミ、ハルジョオン、ノゲシ、ハコベなどです。すぐに抜いて増えないようにしています。ドクダミ雑草で困るのは、ドクダミです。薬草にもなりますが、根茎で ...

庭にトゲトゲの植物が生えています。子供の頃に憧れていたアザミだと思って大切に育てました。大きくなって花を咲かせました。咲いた花を見て、アザミとは全く別の植物であったことを知り、大変がっかりしました。Canon Powershot G7X Mark2このトゲトゲ植物はオニノゲシとい ...

朝窓を開けると、ヒヨドリが飛んできて目の前の電線に止まりました。こちらをしっかり見ています。「おはよー。」と静かに声をかけると、ヒヨドリは「ビヨリピョリバルルバルル」と不器用な鳴き方をします。Sony a6000 photo by Yukeyヒヨドリ(注・これは別のヒヨドリです)「 ...

春は名のみの風の寒さや~・・・この時期庭に出てちょっと風に吹かれただけで微熱が出る私、咲いた花に誘われてつい庭に出てしまいました。綺麗に咲いた春の花が私を迎えてくれます。今日の写真です。ヒマラヤユキノシタ、まだ咲いています。夕日に映えて綺麗です。花のアッ ...

3月だというのに気温が17℃と、ガラス戸を閉めた部屋はとても暖かいです。しかし、風はほんの少し肌に冷たく感じます。今日の庭、2020年3月13日。我が家の台所の換気扇が壊れたので、3月4日取替工事を行いました。壊れてから工事が行われるまでの10日間は、ガスを使う時窓を ...

昨年8月より右肩を痛め、所謂、「五十肩」で、夜も眠れないくらい痛くて、悪いことに、12月下旬にはひどいめまいもあり、それは一ヶ月も続いて、「やる気なくすわぁぁ、、、」と文句を垂れ流しながら過ごしておりました。5年がかりでやっと左肩が治ったというのに……ヒマラ ...

毎年全部の胡蝶蘭を同時期に咲かせるために、長く伸びた花茎があちこちに引っかかり、鉢の落下、花茎を粉砕するなど、悲しい事故がたびたび起きて置き場に困っていました。そこで今年は、2月に小型の品種を先に咲かせることにしました。小型の品種だけ10月に出ている花芽を折 ...

とうとう2月と相成りまして、春の花もちらほら見え始めました。夏に綺麗な花を咲かせてくれる、世界に誇れる日本の美しいユリ、カノコユリ。何年も植え替えをしていなかったユリ。最近花が少ないので、石灰で中和して、肥料を施そうと掘り返してみました。 2019年8月の花。 ...

肩が痛くて更新していなかったブログです。iPadを手にして音声入力と、左の人差し指だけでサクサク書けます。なんて素晴らしいんでしょう。 遅咲きの菊と万両。万両は、冬の野鳥たちの大事な食料となります。今シーズンの冬は暖かくて、遅くまで咲いているバラや、ゼラニウ ...

台風は、茨城県北部は暴風域に留まり、市内の多くが停電になったけれど、幸いなことにすぐに復旧しまた。洗濯疲れと猛暑の疲れで思うようにいきませんが、庭には雑草の中にも心を和ませてくれる花があります。自分専用のカメラで、カメラの機能を探りつつジタバタしながら楽 ...

連日30度を超えるうだるような暑さ、夜の気温が低ければ過ごせますが、熱帯夜。暑さに強いはずの姫ヒマワリもぐったりしています。庭を一巡して、弱った植物たちのケアと今後の対策をしていきます。姫ヒマワリ昼間の太陽の下では咲いた花もぐったり。夕方には少し回復します ...

目の痛み頭痛吐き気の原因の一つに洗剤によるものがあることがわかり、抗菌漂白成分の無い洗剤に変えて、自分の衣服、タオルやシーツに至るまで洗濯をし続けてひと月余りが過ぎようとしています。Sony a6000イングリッシュローズ引き出しを開けると相変わらず吐き気や頭痛目 ...

5月25日、今まで使っていた液体洗剤Aが生産を中止したため、その商品の新しいタイプの液体洗剤A'を使いました。するととても臭いがきつかったので、臭いの無い洗剤を買ってきてもらい、28日から試しに使いました。すると、今まで洗濯物を干す度目にゴミが入ったようにゴロゴ ...

真夏の様な日差しです。朝水遣りを忘れると花がぐったりです。さて、今日の庭の様子です。たくさん花が咲いています。しかし、この暑さで花が早く散ってしまうのは寂しいです。クイーンオブスウェーデン、直立性で花持ちのいい品種。冬剪定で60cmくらいに切り詰めました。チ ...

バラに囲まれて友達と庭でまったりとお茶を楽しむことが夢でしたが、体温調節が上手くいかないので、庭でのお茶は諦めました。ガラスの器に生けた花。バラ・・・チャールズレニーマッキントッシュ、ピエールドゥロンサール、パットオースチン、テスオブザダーバービルズ。そ ...

三寒四温という季語は3月ごろに使いたいものですが、5月になっても暑くなったり寒くなったり忙しいです。庭の植物はというと、順調に成長して花を咲かせています。リナリア(姫金魚草)3月に咲き始めたリナリアは一株でこんなに咲いています。20年くらい前に庭に蒔いたリナリア ...

茨城県北部の我が街もいつもより早めに桜が咲きましたが、サクラの開花後に真冬の様な凍てつく寒さが続き、結局いつも通り4月を迎えて、ただいま八部から満開の状態です。今年の桜は、お天気のいい日が多く、いつもの年よりお得なお花見です。我が家の庭にも春が訪れました。 ...

3月3日、布団から出て買い物へ行きました。割れた御飯茶碗の代わりを買うためです。めったに買い物に出られないので半年分の生活必需品も買います。前日から雨です。花粉が飛ばなくてありがたいです。運転は夫がします。お店の入り口は、園芸コーナーで草花がたくさん置いて ...

12月27日に庭に咲いたバラを摘んでテーブルに置いてあります。だいぶ進んでしまいましたが、冬のバラはゆっくり開き、色も深く素敵です。ピンク・・・ヘリテージ、クイーンオブスエーデン、赤・・・スカーレットオベーション、オレンジ・・・パットオースチン毎年、年の初め ...

台風が本州に上陸しても勢力は衰えず、960hp、風速40mと表示されていて、茨城県北部でも、風速20mくらいありました。沖縄や奄美での数値ではないだろうかと見まごうほどの強い勢力。驚きと恐れと、轟音で、昨夜はよく眠れませんでした。台風の前は庭の花を集めてアレンジ。普 ...

今朝は冷蔵庫の中にいるような感じでした。蘭たちは大丈夫だろうか、予報では最低気温16℃、夜通し雨。実際は、最低気温13.6℃、しかも冷たい北東からの風が強く吹き付けています。Cyber-shot WX70昼になっても18.5℃までしか気温が上がらず、胡蝶蘭を玄関に移動することに ...

朝から愛猫ソラが水をがぶ飲みして吐いたので、座布団やこたつの敷物やら汚してしまいました。洗濯が山のよう。そうでなくても季節の変わり目は洗濯物がいっぱいなのだから・・・ソラには罪はないけど、忙しい時は少しでも仕事が少ない方がいい。と、言いつつ・・・朝からイ ...

今年は大型で強い台風が断続的に発生し、列島に脅威をもたらしています。台風12号のように小笠原の南の海上でできた台風が西へ進んだのを見たのは、50年の記憶の中では初めてです。13号は関東直撃の予報です。予報通り進めば茨城を縦断することになりそうです。ツクツクボウ ...

今日6月6日梅雨入りが発表されました。朝から降ったりやんだりで湿度も高いです。気温が15℃から23℃くらいの時期は、挿し木にもってこいの季節。5月6月は気温もそう高くなく、植物が乾き過ぎない湿度もあり、気に入った植物を増やしたい、または、株が老化したために更新を ...

5月はゼラニウムの記事を書き直していました。書き直した記事は3記事。2016年に記事を書いたころは、ゼラニウムの鉢の数も少なく、何もしなくてもよく咲いていたので、随分スカスカな記事でした。それで別のところに記事を書いて、新しい記事をそのまま以前のページに、コピ ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ