ピノ子の庭

病弱ガーデナー庭の楽しみ方

カテゴリ: 庭の生き物

秋はカマキリの産卵の季節です。庭で大きなおなかをしたカマキリを見ます。前羽に白い班のあるものがハラビロカマキリの特徴。なんといっても腹が幅広である・・・が、他のカマキリと比べてみてみないと腹が幅広であるかどうかわかりませんが・・・カマキリの後ろ姿。「見な ...

アカボシゴマダラという蝶をご存じでしょうか。とても美しい蝶で、私の庭では2年前から見るようになりました。観察場所・・・茨城県北部気候・・・温暖で気温-5℃から34℃。羽の特徴は、白地に黒の筋、後ろ羽に赤い模様があります。蝶の大きさは、片方の羽が4cmから5cm、ツ ...

2019年9月21日、庭で一心にスミレを食んでいたツマグロ坊やがとうとう羽化しました。美しい羽です。無傷です。こんなにきれいな羽根はめったに見られません。ツマグロヒョウモンは多化性と図鑑に書いてありました。越冬は幼齢中ですると書いてあります。ツマグロヒョウモンの ...

バラを育てている方は、チュウレンジバチの名前を聞いただけで、その姿や被害など、すぐに頭に浮かぶのではないでしょうか。食欲旺盛の幼虫から、バラの葉をかじられて困ることはもう書かなくても周知のことと思います。せっかく選びに選び抜いて病害虫に強いバラを植えても ...

カマキリは庭にいて私の花たちを害虫から守っています。・・・なんてね、そんなわけではありませんが、カマキリがいることにより、庭で害虫たちが自由気ままに植物を食害してしまうことを防いでくれます。いわば、ガーデニングの助っ人です。助っ人としてみたときのカマキリ ...

イラガの他にも恐ろしい毛虫はまだいます。その中にチャドクガというのがいて、その棘に刺されるとかぶれ、ひどい時には病院で手当てしなければならないほど。そんな恐ろしい毛虫の早期発見について書きます。観察場所・・・茨城県北部気温と気候・・・-7℃~35℃(2018年)。 ...

イラガは触れるととても痛い、刺された所を触るとまるでやけどをしたような痛みで、それが3日間続く・・ こんなひどい毛ムシが庭に発生したらたまりません。毛虫ですから植物を食害します。植物を守り、自分も刺されないようにするために、早期発見駆除に努めます。観察場所 ...

「蝶が庭に来るのは何故か花だけじゃない植物との関係」の中で蝶の食草や、好きな花の蜜を書きました。今回は、前回写真が無かったものの写真や、良く撮れた写真などをアップします。また、前回書いた蝶に関しても、他の蝶との対比のために写真をアップしてあります。見比べ ...

6月6日、梅雨に入りました。梅雨らしく梅雨寒です。紫陽花の花が良く似合います。Cyber-shot WX70額紫陽花墨田の花火、我が家では不定期に秋まで花を咲かせます。7月中頃までに剪定をすると揃って花を咲かせます。Cyber-shot WX70手毬型の紫陽花。澄んだピンク色でしたが、酸 ...

私の庭には4月から11月の頃まで蝶がやってきます。色々な種類の蝶がそれぞれ好みの花の蜜を吸い、卵を産み付けていきます。私の庭は美しい花畑などではなく、雑草を抜くのが追い付かない、超自然な庭です。この原野のような庭に蝶たちは何故集うのか、観察してみました。庭に ...

スポンサーリンク

このページのトップヘ