30年以上前、その美しさに魅せられてひと鉢買いました。リーガルベゴニアだったと思います。
帰ってきてスーパーバッグから取り出すと、花は全部落ちていました。それから私の管理が悪いのか花は咲きませんでした。がっかりして、それ以来球根ベゴニアは買っていません。 

この度、その苦い過去をすっかり忘れて、花の美しさに魅せられ今度は球根を買いました。「丈夫で育てやすい」という文句にその気になって・・・

球根ベゴニア オドラータ・アンジェリケ
球根ベゴニア・オドラータアンジェリケ
球根ベゴニア オドラータ・アンジェリケ

植えた時・・・・本来は3月、気温が15度を超えるころがいいらし。しかし、愛猫ソラの看病や指の怪我などで植えたのが5月8日。ちょっと遅かったです。
すでに芽が
買ったのは3月。植えたはさらに遅かったので芽が出ていました。

植え方
水はけをよくするため、6号鉢に赤玉土大粒を2センチくらい入れました。
植え方赤玉大粒
右はからの状態です。左にある鉢の深さくらい入れました。

用土・・・植えこむ土は赤玉土小粒6と腐葉土4を混ぜて植えました。

肥料・・・土にはマグアンプKを小さじ半分くらい混ぜました。
マグアンプK
二鉢分

球根が見えるように土に置く感じで植えました。
植え付け
シクラメンのような植え方をすればいいのかも・・・

置き場所・・・春と秋は日当たりでもよく、6月から9月までは半日蔭となっています。夏の直射日光では葉が焼けてしまうので、夏の間はひさしの下に置きます。

うえてから今日までの肥料・・・植える時、マグアンプKを6号鉢で小さじ半分くらい混ぜて植えました。
花が咲いたので6月23日に、緩効性化成肥料を10粒くらい鉢のへりにおきました。葉が茂り花が沢山さくようになったら、水肥もあげようと思っています。

6月2日、葉が見えます
6月2日葉が見えています
同じ日に植えても育ち方が違います。

6月17日、待望の蕾です。
6月17日
茎は重たそうに風で揺れていたので、支柱を立てました。

蕾は白いのとピンク
IMG_9938_切取色
蕾は壁を向いています。

小さいながらもたくさん蕾があります。わくわくです。
IMG_9940_切取色
二枚貝のような蕾です。雄花と雌花の違いなんでしょうか。咲くのが楽しみです。

風が強かったので写真を撮った後に部屋に一時避難するため、鉢を移動しようしたら、蕾が落ちていました。
蕾風で落ち
ギャックシ・・・・

蕾落ち
6月22日、また蕾が・・・・ギャーーーークシ!!!

6月22日
こちらは最初の花はおちたものの、次々花を咲かせています。

IMG_0372_切取色
天気も回復したので外に出しました。たくさん蕾があって楽しみです。こちらの花は雌花のようです。

IMG_0475_切取色
明るい外気の中では発色もいいです。

6月24日、買ったとき、袋に球根が二つありました。右側は二本茎が伸びて個性豊かな美しい葉を広げているのに対し、左側は、蕾が落ち葉も小さいです。
一個異変
同じように育てているにに何が起きたのでしょう・・・

これから暑さがますます厳しくなってきますが、エアコンの効いた部屋がいいのか、34度の日陰がいいのか、観察しながら育てていきます。

ゆるゆる園芸
以前住んでいた借家の南側、2メートルの塀で日が当たらない出窓の下に誰が植えたのか、花径5センチくらいのフリフリの黄色の球根ベゴニアが、毎年夏にきれいな花を咲かせていました。明るい日陰で雨が当たりにくい場所で、無肥料で・・・

構いすぎず、植物の咲きたいままに咲かせる、そんな風に咲かせられたらいいなと思っています。

球根ベゴニア一年生・・・頑張ろ。

 

スポンサーリンク